いきなり代行バスかよ!鉄道は風に弱い?新潟〜秋田

いなほが酒田止まりになって、日本海側周りの旅が暗礁に。それでも大宮に戻るよりはとりあえず秋田まで行った方がいいだろうと、遅れたいなほを待つ。

新潟駅は、ほぼ高架化が完成していた。いなほのホームには自由席待ちの行列がそれなりに。吹雪でホームが寒いけど、遅れの案内が乏しい。アナウンスがホームの端まで聞こえない。

発車時刻を20分くらい過ぎた頃、折り返しのいなほが入線。

新潟36分遅れで発車。強風次第で、さらに遅れる見込みとのこと。

大きな川を渡るたびに減速。金塚駅で、信号待ちの停車。20分くらい動かない。

やっと動いたら次の駅でも長々と停車。

こりゃ秋田どころか、酒田にいつ着くことか

とりあえず新潟で買った弁当をいただきます。

「新潟和牛おこわ」。牛肉のボリューム感に欠けるけど、味はまあまあ。もち米好きなんでおこわはうれしいけど、冷めると結構硬くて箸が折れそう。

「いなほ」には車内販売が乗っているのもありがたい。応援のため、必ず車販からは何か買うようにしよう。とりあえずコーヒーを頼む。スイカ対応。

あつみ温泉11時19分発、この時点で1時間26分遅れ。

普通の切符なら2時間遅れで払い戻しだけど、こちらは「おと休」なんで、なんのメリットもなし。まあ急ぎでもなし。

庄内平野に入り、地吹雪っぽくなった。風は強いけど雪は少ない。運休は強風の影響とのことだけど、列車よりパスの方が風に強いのかね?

酒田から、代行バス。秋田直行と各駅停車の二台が待っていた。

直行バスの乗客を見渡すと、リタイヤ世代のお一人様またはご夫婦が大半。多分「おと休」かフルムーンかな。みんな急ぎではなさそうだ。

バスだから、列車よりはかなり遅い。出しても60キロくらいだと思う。代行する意味あんのかなと思いつつ、2時間揺られて秋田駅へ。

酒田から2時間。この先は奥羽線経由で行こうとしたけど、特急は2時間待ち。ここは「おと休」なんで、大胆に逃げよう。

(続く)